シンプルにそしてスマートに…

この一年何をやってきたのかを振り返ってみて、なかなか人に話すこともなかったなぁと思って、なんとなく勢いで書いてみようかなと(笑)

CloudCore( http://www.cloudcore.jp/ )立ち上げ以降、「CPI さんのサイトかわりましたよね」とか「KDDI さんのサイトデザインイメージがいいですね」などと、お褒めの言葉を直接間接問わず聞くようになりました。この話を部のスタッフに話すとみんな嬉しそうな顔をしてくれるのが、自分にとってはなによりも嬉しいことではあったりします。

CloudCore 以降、boundioSmartRelease 特設サイトとこれまでの CPI で展開していたサイトとは確かにインターフェースデザインが変わったと思います。言ってしまえば、サイト構築の際に、あちこちから出てくる、トップに下層へのリンクを入れて欲しい、バナーが欲しい、注意書きを入れて欲しいといった、サイト制作者なら一度は経験しているクライアントからのあれこれの注文、様々な部署からの要望をすべてシャットアウトした結果とも言えるのですが、ここにはもちろん理由があります。

それは、「サービスをシンプルに伝えることができないのであれば、そもそもお客様は理解してももらえないし、使ってももらえない」、すべてはそこに集約されているのです。
そして、それを実現した結果が、CloudCore であり、boundio であり、SmartRelease でもあるのです。もちろん、それだけの理由だけでは当然これらのサイトは実現することはできず、そのサービスを使っていただくお客さまがどうやってサイトを利用してもらえるのか、どう利用することがベストなのか、そしてコンバージョンでもある契約に結びつけるのか、そうしたことを一人一人が考え、情報設計という形に落とし込んだ結果、リリースまでにぶれること無く、リリースとなったわけです。

これは、ハンドリングをしたディレクターやインフォメーションアーキテクト、デザイナーが居たからこそ実現できたし、情報設計を下に企画スタッフが原稿を書き起こしてくれたからこそでもあります。

自分自身はといえば、やんや入って来るであろう横やりをいかにうまくまとめるか、別の方向に仕向けるか位のこと(笑)で、サイト制作そのものをしていたわけではありませんでしたが、やはり自分たちが産み落としたサービスサイトをお客さまや同業の仲間達に好感度を持ってもらえることは誇りに思います。

先日の岡山の出張で、CloudCore 以降の思想とそれに基づくサイトデザインについてを懇親会の席で話したところ、それを理解された上で好意的な意見をいただけていたことがわかり、とても嬉しかったりしました。

シンプルにするには当然さまざまな情報をそぎ落としていかなければならないし、落とすことで伝わらない可能性のあるものを、どうやったら伝わるのか?見出しはどうあるべきなのか?見せ方は?いろんなものがそこに集約されていく過程がそこにありました。テキスト自体の大きさも大きめにし、そうすることでこれまでの情報提供方法では当然全体が窮屈にもなるし、見た目的にも美しくない。当然文章一つ取ってもより簡潔にわかりやすくする必要もあります。

その結果、レスポンシブ対応しなくても、スマートフォンで見た際に、クリッカブルな領域が広くとられるようなデザインになっていたり、見出しが強調されていたり、ブロック領域を活用することで、さほどのストレスを感じることなくサイトを見ていただけるようにもなったと思っています(個人的には、スマートフォン Ready と呼んでいますw)。もちろん、旧サイトからのコンテンツを引きずってしまい、情報量的に非常に多くなってしまったページもあったり、まったく整理されていないページも存在していることもあります。これは改善しなければならないことであると認識した上で、自分たちが目指す方向はこれなのかなと思っていたりします。

Apple のように、製品からサービス、ウェブサイトまで一貫したポリシーを持つことはまだまだ遠いけれど、実は自社の企業理念からひもといていくと、実は自分たちの目指すサービスやサイトのあるべき姿の一つが、Apple のようなシンプルだからこそわかりやすいと言われるものなのかなと思っています。

 

コメントを残す