プリキュア私的名曲セレクト

プリキュアの新シリーズが始まるとまずは変身シーンのBGMが気になるんですよね。
あと、回を重ねて少し核心に迫りそうな話になる頃にかかる重めのBGM。この辺りは、どのプリキュアも神な楽曲が多いですよね。

今回、初のプリキュアAdvent Calendar 参加ということで、このブログでも初ののプリキュアネタは、そんな好きなBGMベスト3を挙げてみたいと思います。ちなみに、ストーリーにかなり言及しているので、これから見ようと思っている方は読まれない方がよいかも知れませんが、まずは、

お約束の変身BGM

第3位:変身!プリキュアオールスターズ

最初で最後のオールスターズ全員変身BGM。この曲とともにスイプリ(メロディー・リズム)までが、全員掛け声と名乗りを言うのはほんと神シーン。
これを拡張して、ドキプリまで入れちゃったり、各自の変身シーンを当時のままに再現したロングバージョンなどが某動画サイトにあって、それはもう鳥肌モノでした。

第2位:レッツプレイ! プリキュアモジュレーション

実は、ドキプリまでは、これが1位でした。とにかくスイプリの楽曲は、音楽がテーマということもあって、どれも美しいのですが、この曲はいわゆるイントロのコーラスパートからのサビメロはほんとたまりません。綺麗なメロディーのバックで心地よいビート。メロディー、リズム、ビートが奏でるハーモニー。これぞ音楽プリキュアを代表する一曲!

第1位:プリキュア・ラブリンク!

スイプリとドキプリ、どちらも甲乙つけがたいのだけれど、イントロの盛り上がりからのAメロ、そしてドラマティックなBメロとそれを受け継ぐCメロと全体的に元気にさせる要素がふんだんにあって、憂鬱な朝もこれでバッチリ!な曲。

ピンチからの復活BGM

第3位:プリキュアの使命を胸に

スイプリのBGM。タイトル通り、プリキュアの使命に気づきプリキュアになる時にかかるBGM。セイレーンがビートになる時のシーンは印象的。

第2位:燃え上がる闘志

元々はフレプリでイースとピーチの最後の戦闘シーンで使われていた曲でもあって、2人のセリフと相まって記憶にも残っているのだけれど、この曲が最大に神として思うのは、ハトプリのムーンライト復活の時、大樹の前でハトプリ3人が三幹部にやられているのを見せられ、そして復活を願い、

「勇気、愛、友情、優しさ、悲しみ、喜び、たくさんの気持ち、みんなのこころ、私は戦う!みんなの心のために!」

とこのBGMの中で叫ぶシーンはもう鳥肌モノ。

第1位:昨日の私を超えていく

これは、映画プリキュア5鏡の国のミラクル大冒険でダークプリキュアにやられまくっていたプリキュア5がドリームの想いを受け取って、それぞれ劣勢から優勢に転換していくところでかかる曲。中でも、

「私は、ずっと同じ私じゃないの! 昨日の私より、1時間前! 1分前! 1秒前! そんな私より! もっと良い自分になりたい!!」

この神セリフは、折れかかったココロにすごく沁みて涙さえ溢れてくる位。
実は、この曲はプリキュアオールスターズでも使われていて、DX2でみんなの力をかりてたどり着いた敵に、ブロッサムとマリンが力を振り絞って立ち向かうところでもかかる。そのシーンは、まさに先の5の映画のシーンにも重なるところがあり、一種の高揚感さえ生まれる名曲。

アイテム装着とか新必殺技とかその他好きな曲

順不同:スパイラルリング装着

SSの新アイテム「スパイラルリング」を装着する際のBGM。アイテム系BGMはいくつもあれど、メロディーが秀逸。惜しむらくは、1分ちょっとという短さ。メロ部分もう少し欲しかった。

順不同:影との戦い

全プリキュアBGMの中でも6分を超える曲はそうない。「昨日の私」を超えた5人が、それぞれのコピーでもあるダークプリキュアに次々と勝っていくシーンでかかる曲。
内容とは裏腹に、BGMのもの悲しさが、こんなにも戦うことが虚しいのか?という気持ちにもさせられる名曲。シリーズの中でもここまで悲しい戦闘BGMはないね。ルージュ、レモネード、ミント、アクアの台詞も素敵。特にミントの「あなたのことも守りたかった」と言って涙を流すシーンは、涙止まりません!

もうね、挙げ始めたらキリが無くて、一日処から何年もかかってしまう勢いなので、まずはこのあたりで攻めてみました。また機会を見てもう少し突っ込んで書いてみようと思います。

以上、私的感満載のプリキュア名曲セレクトでした!



コメントを残す