JimdoCafeの店員になったお話

先月の話ですが、渋谷ヒカリエで、みんビズセミナーが行われました。ほぼ満席の状態で、あらためてお越しいただいたお客さまには、長い時間お疲れさまでしたとお伝えしたいと思います。
セミナーは、講師の皆さんによる、みんビズ・Jimdoの活用について非常に為になるお話をたくさん聞くことができたかと思います。そのセミナーの最後のセッションがJimdoCafeというコーナーで、講師の皆さんやJimdoJapanのスタッフによる、相談コーナーを用意しました。

残られたお客さまが、JimdoCafe開催と同時に講師の皆さんやスタッフのところへ集まり、話をしていました。そこにちょっと相談しにくそうにいらした女性2人のお客さまがいらして、丁度MC担当兼案内スタッフだったこともあり、お声がけしたところ、JimdoフリーとProについての相談ということで、少しお話を聞かせてもらうことになりました。

聞けば、フリーとProで2つのサイトを作っているのだけれど、お客さまに来ていただくのには、どちらが良いのでしょうか?という話ではあったので、あらためてフリーとProの違い(独自ドメイン利用できるか否か、利用テーマの数とか基本的な違い)についてお話ししたのですが、なんともそれだけではないご様子でしたので、どういうサイトを作られていて、それぞれをどのように使い分けられているのかを伺いました。

具体的なサイトやビジネスの内容などについては、お客さまのことですので、ここでは触れませんが、お話をしていくにつれて、お客さまが困っていることが、作ることではなく、どのようにサイトに来る人に伝えていけば良いのかという話に変わっていき、制作会社に居た頃にクライアントと話しているような気分でもありつつ、半ばカウンセラーのような気分でお客さまと30分ほど話をしていました。

「頑張ってみようと思います!」

とにっこりされて、お客さまは帰られたのですが、実際のJimdoCafeでも同じようなことがやりとりされていたりします。Jimdoの使い方ではなく、サイトに訪れる人に何をどう伝えれば良いのか?伝えたいことはあるけれど、伝え方がよくわからない。そういうお客さまに自分自身の経験を踏まえて話をするというのが、なんとも懐かしい気分にさせてくれた時間でした。前職を辞めたとき、もう少しJimdoに首を突っ込んでいたら、きっとJimdoCafe足立とか作ってたかも知れないなぁ(笑)とか思ったりもしましてね。こうしてお客さまとWebを足がかりにしてお仕事のお話をするというのは、やはり楽しいですね。

今年は、全国のJimdoCafeを巡ってみるのを目標にしてみましょうかね。

コメントを残す