CSS Nite in KOFU, Vol.1に登壇させていただくことになりました

CSS Nite in KOFU, Vol.1来る7月21日土曜日ですが、山梨県甲府市で行われる CSS Nite in KOFU, Vol.1 に登壇させていただくことになりました。

Web サイト制作において、さまざまなツールによって制作環境は大きく変わり、そして私たち制作者の業務をラクにしてくれるようになってきました。その中で、制作や運営の最後のフローである、サイトの確認や納品、公開処理といったところは従来のまま、何も変わらずに今に至っています。

その変わってこない確認・納品・公開の中では、間違ったファイルをあげてしまったり、急な差し戻しへの対応で四苦八苦したりすることがままあります。ウェブサイトは企業にとってはお客様との接点でありインターフェースです。
間違った形でお客様に情報を提供することは企業にはあってはならないことでもあり、また制作者もそこを常に意識しておく必要があります。

しかし、ファイルを公開するといった一連のフローは、ほぼ人の手によって行われます。それによって、思いがけないときに間違いを起こすことがあります。人がやることには、やはりミスがついてきます。例えば、より正確な HTML を書けるようにとツールが進化し、記述ミスなどによる表示崩れなどの問題はツールと上手につきあうことで解消されますが、この制作の最後のフローについては、全く手のついていなかった部分でもあります。

今回のセミナーでは、そうした制作業務の中の最後のフローでもあるサーバーへファイルをアップし、公開するという部分で起こる間違いを検証しながら、品質管理とはなんなのか?をテーマに、6月 7日にリリースした SmartRelease によって解決できることをご紹介させていただきます。

普段なかなか目にすることの無いサーバーツール SmartRelease。今回は、デモをご覧いただきながら、実際に何が解決されるのかをご覧いただければと思います。

コメントを残す