カテゴリー別アーカイブ: 記事

プレイヤーがプレイヤーで居続けられる場所

モノづくりの世界である時期を境に自分の軸足を考えて、プレイヤーで居続けることを選び、実行しているのは本当にすごいなと思います。

ただ、会社組織でそれを続けるのは、今はすごく厳しい現実もあります。特に、多くの中小企業に勤めているプレイヤーにとっては特に。
プレイヤー気質の人は、最終的には起業やフリーランスという道を選ぶことが、プレイヤーで居続ける一つの選択肢であったりすると思います。
自分自身その道を選ぶこともできたのだけれど、あえて軸足を移したので、プレイヤーで居続ける大変さはわからなくなっているところはあります。

ただ、最近思っているのは、プレイヤーがプレイヤーで居続けられる場を作っていかなければならないのも、今後自分たちに課せられたことなのかなと思うことがあります。 続きを読む プレイヤーがプレイヤーで居続けられる場所

キャリアパスについて思うこと

先週土曜日(2013年7月6日)、ベルサール九段でCSS Nite LP, Disk 28が行われました。その中で、講師の森田さんと角掛さんがそれぞれの軸足について話されていました。その時、改めて自分はプレイヤーでいたいのか、マネジメントとしていたいのかを考えていました。

そして改めて自分の軸足を見つめ直した後の週明け今日。たまたまFacebookのウォールにこんな記事がシェアされていました。

47歳のハローワーク
http://el.jibun.atmarkit.co.jp/hidemi/2013/07/47-ed6e.html

これは、会社勤めしている40代にとって避けて通れない話だとは思います。この方の気持ちはわからなくはないんだけど、ここのところずっとキャリアパスについてもやもやするところがあって、自分の考えをまとめるために、記事にしてみようと思いました。

続きを読む キャリアパスについて思うこと

その施策にシナリオはありますか?

事業会社でデザインの仕事をしていると、日々様々な施策の依頼が来ます。

中長期先を見据えた施策や短期の売上向上の施策。大半はこのどちらかではあるのですが、いわゆる数ヶ月先のローンチを見込んだ施策は概ね前者に属し、1週間以内にとか遅くても半月後みたいなものは、確実に後者に属します。

前者の中長期先を見据えた施策は、何かしらのサービスリリースや、大型改善などがあり、設計フェーズにもじっくり時間をかけます。当然、ペルソナを作り、ユーザー像を洗い出し、ユーザー行動を考え、コンバージョンまでの流れを考えて行く部分をデザインに携わる人間が考えます。前提として、その施策があたえる市場へのインパクトや会社の売上、販売方法やサイトへ呼び込むための施策まで全てをシナリオ化し、そこに向けて動きます。シナリオにも個々の思い込みが入らないようにしっかり精査し、プロジェクトメンバーで詰めていきます。そういう詰めを重ねることで、デザインを行う際にはより具体的なデザイン制作が素早く行えるようになります。 続きを読む その施策にシナリオはありますか?

インハウスのデザイナーが作業人にならないために…

インハウスのデザイナーとして制作会社などから転職する理由の一つが、自分たちの作ったサイトを育てていきたい、売上に貢献しているのかをこの目で確かめて、かつ改善していきたいというのがあります。

かくいう私もその一人でもありましたが、理由の一つと言っているものの、ほとんどと言っていいかもしれません。そんな夢と希望を持って入社して見ていざ働き始めたら…。 続きを読む インハウスのデザイナーが作業人にならないために…

問題解決をする集団

うちの会社でデザイン部といえば、会社の中ではWebサイトを作ってる人達、パンフレットを作ってる人達、と成果物で判断されているんだろうなと思う反面、自分たちはお客さまや会社が抱えている問題を解決する集団という意識で仕事に取り組んでる(つもり)。

「つもり」なのは、本当にそうなのか?という問いは、いつも頭の中にある。
思いだけじゃないのか?自分たちが今やっている業務が単なるオペレーションではなく、会社・お客さまのことを考えているのか?と。 続きを読む 問題解決をする集団

SmartRelease データベースバックアップの使いどころとか

9月10日、SmartReleaseにデータベースバックアップ&リストア機能が追加されました。

リリース日深夜帯に行われる自動バックアップが待ちきれず、手動バックアップを早速行ったわけですが、同じタイミングでこのblogの管理画面を開いてみたら、WordPressの3.4.2アップデートが出ていたことを知りました。

いつもならここで何も考えずに自動アップデートボタンをクリックしてしまうのですが、よくよく考えてみたら、大抵のアップデートの際にデータベースのアップデートしてるよなぁと思い、WordPressの自動アップデートを行う際にこんな使い方できるなって思ったので、メモ的に残しておきます。 続きを読む SmartRelease データベースバックアップの使いどころとか

シンプルにそしてスマートに…

この一年何をやってきたのかを振り返ってみて、なかなか人に話すこともなかったなぁと思って、なんとなく勢いで書いてみようかなと(笑)

CloudCore( http://www.cloudcore.jp/ )立ち上げ以降、「CPI さんのサイトかわりましたよね」とか「KDDI さんのサイトデザインイメージがいいですね」などと、お褒めの言葉を直接間接問わず聞くようになりました。この話を部のスタッフに話すとみんな嬉しそうな顔をしてくれるのが、自分にとってはなによりも嬉しいことではあったりします。

CloudCore 以降、boundioSmartRelease 特設サイトとこれまでの CPI で展開していたサイトとは確かにインターフェースデザインが変わったと思います。言ってしまえば、サイト構築の際に、あちこちから出てくる、トップに下層へのリンクを入れて欲しい、バナーが欲しい、注意書きを入れて欲しいといった、サイト制作者なら一度は経験しているクライアントからのあれこれの注文、様々な部署からの要望をすべてシャットアウトした結果とも言えるのですが、ここにはもちろん理由があります。 続きを読む シンプルにそしてスマートに…

軽微な修正もプロジェクトとしてとらえてみる

自社サイトを運用していると、突然のように舞い込んでくる修正依頼。「どこどこのページ(URL付き)のほにゃららをほにゃほにゃにしてください」とか「(添付ファイル付きで)お知らせを追加してください」とかそんな感じのことは日常よくあることです。

お客様とコミュニケーションを取るのですから、間違いは直ちに直す必要はありますし、伝えるべきお知らせは公開しなければなりません。 続きを読む 軽微な修正もプロジェクトとしてとらえてみる

考えるための時間をつくる

今回も、今うちの部で忘れずに行っていることを少し紹介しようと思います。

そもそも、Web制作に携わっていると、矢継ぎ早にいろんな修正に追われることが多々あります。当然、サイトの責任部署なのですから、それは通常業務の範囲として、粛々と行うものです。ただし、例外があります。いわゆるリリースに伴う何かだったり(例えば先の7月の新サービスリリース)、ランディングページ制作や追加コンテンツだったりというのは、なにもいきなり今日お願いしますっってことは実はありません。 続きを読む 考えるための時間をつくる

育てることと成長すること

下が育たないとか、人を育てる余裕がないとか、教育の仕方がわからないとか、成長できないとか、スキルアップの方法がわからないとか…、まぁいろいろと見聞きすることがあるわけですが、そうだよねぇと納得することがある反面、人が育たないのは大丈夫?と思うこともあって、結局の所育てたいと思う気持ちと成長したいと思う気持ちが空回りしてるんだよねって思うのです。

で、少しだけ私の話を… 続きを読む 育てることと成長すること